「おいしい」と言ってもらえる商品を・・という先代のこだわりを受け継ぎ、

こんにゃく・ところてん、どちらも原料・製法にこだわりを持って造っています。

『ところてん』

原料のこだわり

上質の、五島・対馬・島原産といった長崎県産のてんぐさと水のみで製造。

てんぐさ100%のところてんは、弾力と歯ごたえが違う!

製法のこだわり

カラーミースライドショーてんぐさ干し前600.jpg

一度干されて乾燥した状態で仕入れたてんぐさを、再度、当店でも専用の機械でよく水洗いし、天日に干すことで、汚れや「臭み」をとる。

(余談。。。家の前は、小学生の通学路になっており、てんぐさを干しているときに子供たちが下校していると、「なんか臭い~」「海のにおいがする~」とザワザワしています(笑))

カラーミースライドショーてんぐさ干し後600.jpg

天日干しすると、臭みと一緒に色素が抜けていく。白くなるまで干すところもあるが、完全に白くなるまでは干さないのがカコイ流

製造に使用するまで、1-2年寝かしたのち、使用する際は、さらにもう一度手洗い


天草手洗い.jpg天日干して寝かせておいた「てんぐさ」をさらに手洗いします。

 

 

天草濾し.jpg釜で時間をかけて炊き上げ、
こしあみに流していきます。

 

 

ところてん抽出.jpg抽出されていく、
ところてん「液」を手作業で丁寧にこしあみで濾(こ)していきます。

 

 

炊き上げたところてんを「濾す」のも手作業。

この時間と労力をかけた製法は、まさに先代からの「こだわり」

 

ところてん型に流す.jpg濾したところてん「液」を型に流していきます。

 

 

ところてん切り.jpg1日置いて、
固まった「ところてん」を
作る製品に合わせて切っていきます。

 

 

パック突出し.jpg機械で突き出して
パックしていきます。

 

 

61ところてん550.jpg出来上がり!
お客様へお届けします。